KOH歯科医院

お話・独り言

根の治療で痛みが消えない

メールで寄せられた質問です

Q;長い期間、根の治療していますが、痛みが取れません。口腔外科に行った方がよいでしょうか?(要点のみ)

A;根の治療を長期間しており、痛みが消えなくて気になっているとの事ですが、歯の根の先(骨の中)でうみが溜まる袋が出来て、その中にうみが溜まっている状態です。この場合の根の治療はまず、うみが溜まっている袋に穴を開けてうみを出してあげる治療をします。これは風船に水を入れた状態で、針で風船に穴をあけるような治療です。穴を開けることによってうみが出できますので袋の中の圧が弱くなり痛みは軽減します。その後は超音波治療器や薬を使って根の先のうみを完全に取り除き、治療は完了します。

うみが水のようにサラサラした状態であれば、それほど痛みは続きません。しかし、ドロドロした状態だとなかなかうみが出てこないので痛みが続きます。この場合は、あける穴の大きさを大きくすればよいのですが、あまり大きくすると根の先が壊れてしまい今後の経過が悪くなることもあるため、大変難しい選択となります。また、うみの状態は体調やその他の様々な原因でサラサラなものからドロドロしたものへ変化したりもします。
強い痛みが続くのであれば、穴を大きくする治療や抗生物質などの薬を服用することも必要かもしれません。

今後、痛みが消えたとしてもこの歯の治療はかなり長期間になることが考えられます。これは、歯の中のばい菌を虫歯のように直接取ることが出来ないためだということもご理解ください。また、経過次第では抜歯しなければならないこともあります。

担当の先生に言っているとは思いますが、痛みや症状について遠慮することなくはっきりと伝え、出来るだけ早く痛みを取ってもらうよう治療をしてもらってください。やはり、直接診て治療をした先生が一番、今の状態を知っており痛みの原因も詳しく説明してくれると思いますし、今後のこともある程度はお話できると思います。

ご質問の中に「口腔外科に行く必要は?」とありましたが、これはある意味全く診療科目が違いますので、口腔外科への受診は意味がないと言ってよいでしょう。その必要があるのであれば、担当の先生から必ずお話があると思います。

直接、口の状態を見ていないので的確な回答になっていないかもしれませんが、何かの参考になれば幸いに思います。今後も口の中のことで気になることがあればいつでもご相談ください。

[ 2011-05-10 10:06:00 ]


その他の記事

子供の歯並び
[ 2011-03-10 09:49:09 ]
ホワイトニング
[ 2011-02-23 10:55:39 ]
矯正で歯を抜くのは・・・A
[ 2011-02-01 11:55:17 ]
矯正治療で歯を抜くのは・・・@
[ 2011-01-17 16:24:43 ]
矯正治療費
[ 2010-12-22 09:28:53 ]
記事のインデックスに戻る
歯っとしてGood!オッケェ!!
KOH歯科医院