KOH歯科医院

お話・独り言

矯正治療で歯を抜くのは・・・@

本当に歯を抜かなきゃいけないの?

・どうして歯並びが悪くなるの?
 歯並びが悪くなるのは、
 14本の歯の幅を合計した長さに対して
 骨の大きさが小さいことが主な原因です。
 簡単に言うと、部屋に椅子が13個しか入らないのに
 14個を入れようとしているから綺麗に椅子が並ばないのです。

・矯正治療では歯を抜かなければいけないの?
 多くの矯正治療の考えは、
 部屋に椅子が13個しか入らないのだから13個にすれば・・・。
 片方だけを抜くとバランスが悪くなるので2個入れないようにして
 余ったスペースは椅子の向きを調整してあげれば問題ないでしょ。
 そして、2階席だけ数を減らすと1階席のバランスも悪くなるので
 1階席の椅子の数も減らせば1・2階席でバランスがとれる。
 というものです。

 つまり、上下で4本の歯を抜歯して歯の並ぶスペースを
 確保しようとしているのです。

 そんな説明を受けると 「仕方ないね」 
 なんて納得してしまいませんか?

 でも・・・

・ちょっと待った!!
 子供の顎(あご)は完成されたものではなく
 建設途中の家だと思って下さい。
 部屋に13個しか椅子が入らないなら家が完成する前に
 14個入る部屋にしてあげたり、椅子の並べ方を考えて
 14個入るようにしてはダメなのでしょうか?
 もしくは、少しだけ小さな椅子を何個か使って
 14個入るようにしてはダメでしょうか?
 どうしようもない時もありますが・・・
  
 そういう風に考えると
 子供の矯正治療ではかなり確率で歯を抜かずに出来ます。

続きは、また来月。

[ 2011-01-17 16:24:43 ]


その他の記事

矯正治療費
[ 2010-12-22 09:28:53 ]
銀歯を白い歯へ
[ 2010-10-28 10:43:53 ]
前歯が折れた
[ 2010-07-28 17:37:47 ]
歯茎の色が・・・
[ 2010-04-07 15:41:25 ]
抜歯をして入れ歯と言われ・・・
[ 2010-03-01 09:19:14 ]
記事のインデックスに戻る
歯っとしてGood!オッケェ!!
KOH歯科医院