KOH歯科医院

お話・独り言

レーザーって・・・

レーザーは魔法の光線??

最近「レーザー治療をしていますか?」と電話をかけてくる人がいます。
聞きたいことはわからないでもないですが、
レーザー治療も症例や時期を選ぶ必要があり、
いつでも何にでも効果のある[魔法の光線]ではないので
誤解しないでくださいね。

レーザーの設定や使い方で使用目的も効果もさまざまで、
レーザー治療は私たちにも患者さんにも良いことがあります。
しかし、何度も言うようですが[魔法の光線]ではありません。

目的が止血や歯茎の変色などの治療の場合は、
レーザーを使用しない場合よりはるかに効果や利点があります。
次に虫歯、根の治療、歯周病、知覚過敏、口内炎、顎(がく)関節症などの
治療でレーザーを使用する場合は効果や利点がないこともあります。

例えば、[歯周病]と一言で言っても人によって、
部位によって状態が違います。
どの時期に、どんな方法でレーザー治療を行うかで効果、結果が左右されます。
歯周病でレーザー治療をする場合でも歯垢、歯石取りはもちろんのこと
適合不良の銀歯やさし歯、詰め物の治療や咬み合わせの
治療などをしなければなりません。

つまり、レーザー治療の中には
原因に対してレーザーを使って直接治療する場合と
原因に対する治療に加えその治療と症状が楽にまたは
早期に終えることが出来るよう補助的に使用する場合があるのです。

ある場所にレーザーを当てたら、
歯磨きをしなくても虫歯にも歯周病にもならない
そんな時代が来るかも知れません。
しかし、それは30世紀の話でしょう。
そんな時代になるまで、
皆さんは「レーザー、レーザー」と言わず
毎日の歯磨きと定期的な検診を受けて
しっかりとメンテナンスをしてくださいね。

[ 2009-10-01 18:22:21 ]


その他の記事

素人診断は・・・
[ 2009-09-02 09:58:09 ]
理想と現実
[ 2009-08-05 10:57:17 ]
部分入れ歯からブリッジへ・・・
[ 2009-07-01 10:44:47 ]
治療費を安くするには
[ 2009-06-01 09:53:36 ]
口臭を防ぐには
[ 2009-04-01 12:42:57 ]
記事のインデックスに戻る
歯っとしてGood!オッケェ!!
KOH歯科医院